診察内容
道玄坂しもやまクリニック TOP > 診療内容: 子どもの注意欠陥多動性障害(ADHD)

子どもの注意欠如・多動症(ADHD)

 AD/HDをもつ子どもの場合、実行機能の低下をはじめとする脳の器質的・機能的障害が背景にあると考えられています。実行機能とは、目の前の状況を把握して認知する力、順序立てて考えをまとめる力、衝動的に反応して行動せずに熟考する力、現在の状況と過去の記憶を照らし合わせて判断する力、実行に移る前に順序立てる力、のことです。この実行機能が障害されているために、多動性や衝動性、不注意が引き起こされると考えられています


1,症状

 AD/HDは、次の3つを中心的な症状とする発達障害です。「 注意欠如・多動症(AD/HD)と発達をめぐって 」はこちらをクリック
  1. 不注意(物事に集中することができず、忘れ物が多い)
  2. 多動性(落ち着きがなく、じっとしていることができない)
  3. 衝動性(思いついた行動を唐突に行う、順番を待てない)
  4.  

2,分類

症状の現れ方や程度にはかなり個人差があり、大きくは次の3つに分類されます。「 ADHDの診断をするには? 」はこちらをクリック
  1. 混合表現形(不注意、多動性、衝動性の3つがみられる)
  2. 不注意優勢表現形
  3. 多動性・衝動性優勢表現形

3,治療

 AD/HDの治療において、薬物療法は症状をコントロールする上で非常に大きな効果があり、本人の行動や思考、学習能力、対人関係に現実的な変化が現れます。ただし、薬物療法はあくまでも症状を抑えるだけの対症療法ですから、薬を飲んでいるだけで何もしないのではなく、薬の力を借りながら日常生活における適応に向けた努力を支援したり、心理社会的療法に取り組む姿勢が大切です。AD/HDの子どもの行動療法や心理療法などの非薬物療法を進めるうえで薬物療法は非常に有効的に働きます。
  トゥレット症などのチック症群と合併がある場合は、中枢神経刺激薬(コンサータ)はチックを悪化させるので、他の薬物治療が選択されることもあります。

4,治療のコツ

 AD/HDの治療では、薬物療法で主症状を軽減させるだけでは十分ではありません。AD/HDの子どもは知能的には正常であっても、症状のために対人関係能力や社会性の部分が成長しにくいことが多いため、AD/HDによる日常生活の困難さや発達の遅れを取り戻す心理社会的治療がとても大切になってきます。AD/HDの子どもにとって、対人関係能力や社会性は放っておいても身についていくというものではなく、意識して身につけるように周囲が支えながら訓練していく必要があります。

予約状況の確認
予約状況の確認